読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片山哲也の芸能トピックス

片山哲也が芸能ニュースを取り上げていくブログです。

片山哲也の芸能トピックス【尾野真千子 ドラマですっぴん】

headlines.yahoo.co.jp

片山哲独断偏見評価

  • 話題性…4
  • 意外性…2
  • 社会性…4

 (低 1 2 3 4 5  高)

記事内容

女優の尾野真千子が12日、都内で行われたHuluオリジナルドラマ『フジコ』の完成披露舞台あいさつに登壇した。愛と幸せを求め、殺人を犯し続ける悪女 の壮絶な一生を描いた真梨幸子氏の小説『殺人鬼フジコの衝動』を連続ドラマとして映像化。一度は出演オファーを断ろうと思いながらも、殺人鬼フジコ役で主 演した尾野は「撮影の最終日まで不安がつきまとった。でも、結局でき上がったものを観ると、やってよかったんやな、という満足感がありました」と心境を 語った。

【写真】尾野真千子がノーメイクで挑んだ拘置所の面会室でのシーン

 ドラマは、数々の殺人容疑で逮捕され、上告中で拘置所にいるフジコが、ジャーナリスト・高峰美智子(谷村美月)のインタビューを受けながら、過去がひも解かれていく。

 たびたび登場する拘置所の面会室でのシーンは「実はノーメイクなんです。よくあるすっぴん風じゃないですよ」とアピールした尾野。「本当のノーメイクを 貫こうと思って。心残りなのは、年齢を重ねていくのでちょっと老けなければならなかったのが、よくも悪くも若く見えてしまっている」と明かし、観客を驚か せた。

 演出を担当した村上正典監督から「ノーメイクが計算外にきれいでしたね。持ち上げすぎですか?」とほめられ、「撮影が終わってから真千子ロスになりました」と告白された尾野はくすぐったそうにモジモジ。

 原作者の真梨氏にも「頭の中で描いていたフジコが実像として出てきて、びっくりぽんや。久々に内臓の底から痛くなるようなゾクゾクするようなドラマに出 会えた。ヤバいと思いながら目が離せなかった。太鼓判を百個ぐらい押したいです」と絶賛された尾野は照れた素振りを見せながらもその表情には自信がみな ぎっていた。

 同ドラマは13日より映像配信サービス「Hulu」または「J:COM」で全6話が一挙配信される。

つぶやき

尾野真千子、俺好きなんだよなw

一緒に飲みに行けば絶対楽しいとおもう!!

女優としてもすごいしな!

最高の離婚が楽しすぎて楽しすぎて、

それから尾野真千子が大好きなんだw