読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片山哲也の芸能トピックス

片山哲也が芸能ニュースを取り上げていくブログです。

インドネシアの国民的アイドル! JKT48仲川遥香,大ブレークのワケとは?

インドネシアの国民的アイドル! JKT48仲川遥香,大ブレークのワケとは?

 

headlines.yahoo.co.jp

 

片山哲独断見評価

  • 話題性…4
  • 意外性…5
  • 社会性…5

 (低 1 2 3 4 5  高)

 

アイドルグループ「AKB48」の海外姉妹グループ「JKT48」の仲川遥香が2月27日、インドネシアジャカルタで行われた「JKT48」初のリクエストアワーでグループからの卒業を発表した。“JKT48版の総選挙”で2位にランクイン

JKT48版の総選挙”で2位にランクイン

 仲川は2006年12月に開催された「第三期AKB48追加メンバーオーディション」に合格し、「AKB48」に3期生として加入。派生ユニット「渡り廊下走り隊」のメンバーとしても活躍し、12年11月に「JKT48」へ移籍した。

 その後、「JKT48」のメンバーとして頭角を現し、14年3月から4月にかけてインドネシアで開催された“JKT48版の選抜総選挙”の「JKT48 6thシングル選抜総選挙~みんなが決める、16人選抜メンバー~ 大事なことはみんなで決めよう!」で3位にランクインし、選抜メンバー入り。

 翌年春の“総選挙”でも2位に入り、同年6月には「JKT48」の「チームT」のキャプテンに任命された。


9社26本のCMに出演、バラエティー番組にレギュラー出演も

 言うなれば、日本のAKB48グループの総選挙で外国人のメンバーが上位にランクインするような快挙なわけだが、仲川の現地での活躍はアイドルの枠を超えており、「JKT48」としての出演だけでなく、ソロでの出演も含めて9社26本のCMに出演。

 いちタレントとして大手地上波のトークバラエティー番組「Ini Sahur」に単独でレギュラー出演しているほどだ。

 AKB48グループの論客も務める芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「元々、仲川さんはキュートなルックスや天性の明るさや人懐っこい性格、コミュニケーション能力の高さなどアイドルとしての素養はファンの間でも高く評価されていましたが、海外の新天地でその才能を遺憾なく発揮した格好ですね。後発グループの『JKT48』のメンバーにとって"本家“の『AKB48』からの“留学生”は先輩のような存在なわけですが、仲川さんの親しげで偉ぶらない性格、後輩に対する面倒見のよさがほかのメンバーに愛され、そういった空気感が現地のファンにも自然と浸透したのではないでしょうか」

 

ほかのメンバーの自宅に泊まってコミュニケーション

 実際、現地での仲川の様子をよく知るスタッフはこう明かす。

「仲川は、とにかく溶け込み方が半端ではなかったですね。対メンバー、対ファン、対スタッフに対して壁を作ることなく、自ら積極的にコミュニケーションを取っていました。メンバーや現地のスタッフに積極的に話しかけるのはもちろん、ほかのメンバーの自宅に泊めてもらったりもして言葉を覚えたり、コミュニケーションを図ろうとしていました。その一方で、固定観念を持たないように、あえてインドネシアに行く前は語学を勉強することを避けていたそうです。あくまで自然体で、失敗をおそれず、実体験の中で言葉を覚えたり、コミュニケーションをとろうとしていたように思えます。まさにスポンジのような吸収力を発揮していましたね」

 そういった柔軟な姿勢は、ほかのメンバーに対する態度にも如実に表れていたという。

 「『AKB48』から後発グループ、ましてアイドル文化が根ざしていないインドネシアのグループに移籍したわけですから、はじめは責任感から『色々と教えなくちゃ!』という気持ちもあったと思います。でも、決して上から目線ということはなく、あくまで一人のメンバーとして、ほかのメンバーと同じ目線で頑張っていこう、『JKT48』を盛り上げよう、というスタンスが傍目にも見て取れました。時にリーダーシップを発揮する一方で、彼女の持っているフワッとした雰囲気、明るく茶目っ気たっぷりな性格が“愛されキャラ”として浸透し、すぐに仲間として受け入れられて、自然と彼女の周りにほかのメンバーが集まって来た。『チームT』のキャプテンになってからも、何でも相談できる優しいお姉さんとして後輩たちから慕われています」(同スタッフ)

現地の人も感じる“インドネシア愛”

 その結果、現地で開催された総選挙でも、他国出身のメンバーながら2位や3位に輝くなど存在感を放つわけだが、

 「いまではそのキャラクターはアイドルファンのみならず、国民的にも広く知られており、単独でCMに出演したり、大手地上波のバラエティー番組にも出演しています。仲川が週1でレギュラー出演している番組は台本なしのトークバラエティーなのですが、明るく茶目っ気たっぷりな発言や行動を司会者や共演者からイジられたり、ツッコまれたりしていて、いまや番組に欠かすことのできない人気者です」
 
 そのうえで、前出のスタッフは続ける。

 「やはり彼女の最大の魅力は、心からインドネシアを愛していることでしょう。よく『インドネシアが大好き』と口にしていますが、それがリップサービスではなく、本心からの発言であることを現地の人たちも感じているのだと思います」

 年内で「JKT48」を卒業する仲川は、卒業後も日本に帰国せず、インドネシアに留まる意向を明らかにしているが、このあたりにも彼女の“インドネシア愛”が垣間見える。

 「元々、インドネシア独立戦争の際、現地にいた一部の旧日本兵がともに戦ったり、デヴィ夫人の夫としても知られる“インドネシア建国の父”と言われるスカルノ初代大統領が日本をこよなく愛するなどの歴史もあり、国民感情として親日的な傾向はあります。実際、日本のアニメや漫画も人気を集めていますが、同国で日本のタレントが活躍したケースは、仲川さんが初めてではないでしょうか。インドネシアで日本発のアイドル文化が花開き、日本のアイドルがタレントとして活躍しているのは、本当にうれしいことですね」(前出の三杉氏)

 仲川には「JKT48」を卒業後も、日本とインドネシアのさらなる友好のために活躍してほしいものだ。

 

  つぶやき

凄い!

特にアイドルファンというわけじゃないですが

純粋に、CM9社26本ってすごくないですか?

日本にいたらきっと目立たなかった彼女だと思います。

与えられた地でここまでできるんですね。

応援したくなりました。